菅義偉首相は4日、エストニアのカリユライド大統領と首相官邸で会談し、新型コロナウイルス感染拡大が続く中の東京五輪開催について「人類の努力と英知によって難局を乗り越えていけることを世界に発信している」と意義を強調した。カリユライド氏は「コロナ禍の困難な状況で日本が素晴らしい大会を開催していることを称賛する」と応じた。 (C)時事通信社