日本医師会の中川俊男会長は4日の定例記者会見で、新型コロナウイルス感染者のうち重症者ら以外は自宅療養を基本とする政府の方針に関し、「自宅療養への急激なシフトは患者、医療機関、医療現場にとっても大きな負担をもたらす」と述べ、懸念を示した。
 中川氏は「入院が必要な患者は適時適切に入院ができるよう態勢を強化する」と強調。自宅療養者の病状の変化を把握できるよう医師の往診やオンライン診療を強化することについて、「通常の診療よりも時間がかかる。外来医療やワクチン接種にも影響を及ぼす」と述べ、医療提供体制の確保が難しくなるとの見方を示した。 (C)時事通信社