新型コロナウイルス感染者のうち重症化リスクの低い患者は自宅療養を基本とする政府の新方針について、田村憲久厚生労働相は5日、参院厚労委員会の閉会中審査で「中等症は基本的に入院し、軽症でも悪化する可能性が高いと医師が判断すれば入院だ」と説明した。公明党の矢倉克夫議員への答弁。
 田村氏は、新方針の主な変更点は、入院対象外の患者の原則的な扱いを宿泊療養から自宅療養に見直したことだとした上で「決して国民の命をないがしろにするものではない」と訴えた。
 新方針をめぐっては、中等症の扱いが不透明として与野党や医療関係者から不安の声が上がっていた。田村氏は「国民に心配されないよう、もっと説明すべきだと反省している」と陳謝。政府のコロナ感染症対策分科会の尾身茂会長が方針策定に関わっていなかったことについては「尾身氏に報告すべきだった。横のつながりが悪かった」と述べた。立憲民主党の石橋通宏議員への答弁。 (C)時事通信社