近畿日本ツーリストを傘下に持つKNT―CTホールディングスが5日発表した2021年4~6月期連結決算は、純損益が64億円の赤字(前年同期は98億円の赤字)だった。店舗削減や人件費の圧縮で赤字幅は縮小したが、新型コロナウイルス感染拡大による旅行需要の低迷が響いた。 (C)時事通信社