オリンパス=2022年3月期の連結業績を上方修正。新型コロナウイルス禍からの市況回復を受け、医療分野や化学などの業績が上振れ。営業利益は1400億円(従来予想は1260億円)、純利益は1010億円(同890億円)とともに過去最高を更新する見通し。 
 21年4~6月期の連結純損益は186億円の黒字(前年同期は27億円の赤字)。主力の内視鏡や治療機器に加え、設備投資の回復を受けて工業用顕微鏡など化学事業も好調だった。(C)時事通信社