バンダイナムコホールディングス(HD)が5日発表した2021年4~6月期の連結決算は、純利益が前年同期比58.7%増の209億1700万円と、4~6月期としての過去最高を更新した。新型コロナウイルス感染拡大による「巣ごもり需要」で、「機動戦士ガンダム」シリーズのプラモデルが国内外で売れ行きを伸ばすなど大人向け商品が好調だった。
 売上高も22.8%増の1780億円と同期で過去最高。川口勝社長は電話での記者会見で「ガンプラは生産量を上げているが、足りない状態だ」と語った。人気漫画「鬼滅の刃」や「呪術廻戦」の関連商品、菓子やカプセル玩具の販売も増えた。 (C)時事通信社