日本高校野球連盟は5日、第103回全国選手権(9日開幕、甲子園球場)に出場する作新学院(栃木)の部員3人が、新型コロナウイルスの陽性者として確認されたと発表した。日本高野連などが定めるガイドラインでは集団感染ではなく個別感染と判断されたため、同校は甲子園大会に出場する。
 代表校に対しては、大会前と大会中(初戦勝利後、準々決勝後)にPCR検査が実施されるが、主催者による大会前検査の前に、作新学院では地元で部員1人の陽性が判明。それ以外の部員32人が大会前検査を受けたところ、さらに2人の陽性が確認された。陽性の3人はいずれも無症状で自宅で待機している。
 作新学院で陰性となった30人は、6日に甲子園出場のために宿舎入りする。14日に行われる第6日第2試合の高松商(香川)戦まで計4度のPCR検査を実施する。
 代表校49校のうち、作新学院を除く48校では全員の陰性が確認された。 (C)時事通信社