厚生労働省は6日、年金特別会計の2020年度収支決算を発表した。時価ベースで見ると、会社員らが加入する厚生年金が34兆7825億円、自営業者らが加入する国民年金が1兆9683億円のそれぞれ黒字で、黒字幅はいずれも過去最高。厚生年金は2年ぶり、国民年金は3年ぶりに黒字に転じた。
 19年度は新型コロナウイルスの感染拡大に伴う株価下落などにより、公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)の運用損失が膨らみ、赤字となった。20年度は株価回復によりGPIFの運用損益(手数料などを除く)は厚生年金が35兆6837億円、国民年金が2兆489億円のそれぞれプラスとなり、黒字化に貢献した。厚労省担当者は「今後も長期的観点から安全で効率的な運用に努める」としている。 (C)時事通信社