三菱地所=2021年4~6月期連結決算は増収増益だった。営業収益、営業利益、経常利益、純利益がいずれも4~6月期として過去最高。物件売却収益の増加に加え、新型コロナウイルス感染拡大に伴う外出自粛などで大きく落ち込んだ前年同期から商業施設やホテルが持ち直した。 
 新規ビルの稼働や既存ビルの賃料増額改定などで、単体のオフィスビルの賃貸収入は、前年同期から44億円増加し、1071億円となった。
 22年3月期業績予想に変更はない。(C)時事通信社