総務省は6日、マイナンバーカード所有者に最大5000円分のポイントを付与する「マイナポイント」について、9月末までだった申し込み手続き期間を12月末まで延長すると発表した。新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、事業終了間際にマイナンバーカードを受け取りに来る人で、市区町村の窓口が混雑することを避ける必要があると判断した。
 マイナポイントは消費活性化とマイナンバーカードの普及促進を兼ねた事業で、4月までにマイナンバーカードを申請した人が対象。キャッシュレス決済で利用額の25%のポイントが付与される。 (C)時事通信社