東京都の小池百合子知事は6日の定例記者会見で、24日開幕のパラリンピックについて「既にアスリートや関係者の入国が始まっている」と述べ、予定通りの開催を強調した。新型コロナウイルスの感染が急拡大する中、小池氏は「水際対策や健康、行動管理など感染防止対策の徹底を図り、安全安心な大会にしていく」と言及。観客の扱いは「(政府などとの)5者協議で五輪閉会後に決める」と改めて述べた。
 開催中の五輪については「運営はおおむね順調だ」と述べ、「さまざまな方が五輪を応援していることが、ステイホームにつながっている」と強調。五輪が人々の外出の誘因になっているとの一部指摘を否定した。
 一方、都内の商業施設で多数の従業員が新型コロナに感染する事例が相次いだことを受け、小池氏は会見で、業界団体に対し入店人数の制限などの対策を要請したことを明らかにした。小池氏は「デルタ株にどう対峙(たいじ)していくか、改めて点検していただきたい」と呼び掛けた。 (C)時事通信社