全国知事会の飯泉嘉門会長(徳島県知事)は6日、新型コロナウイルス対策をめぐり西村康稔経済再生担当相とテレビ会議を開いた。飯泉氏は、感染が急拡大している現状を受け、「全国で緊急事態宣言を出した場合と同等の強い措置が必要ではないか」と訴えた。
 飯泉氏は、強制力を伴う「ロックダウン(都市封鎖)」について、「日本版の制度など、今すぐは難しいのかもしれないが、検討に入っていただければ」と要請。お盆の帰省や旅行は原則中止とするよう国民に呼び掛けることも改めて求めた。
 これに対し西村氏は「全国的に感染が増えている。それぞれの県と連携しながら機動的に対応したい」と強調。ロックダウンに関しては、コロナ対策の特別措置法を念頭に「不断の見直し、不断の検討を行っていきたい」と述べるにとどめた。 (C)時事通信社