西村康稔経済再生担当相は6日、経済3団体とテレビ会議を開き、新型コロナウイルスの爆発的な感染拡大を抑えるため、お盆休み中の人出抑制に協力を要請した。「最後の我慢ということで、従業員の皆さんには帰省、旅行を控えていただくようにお願いしたい」と強調した。
 会議には経団連と日本商工会議所、経済同友会の代表が出席。感染力の強いデルタ株の広がりを踏まえ、西村氏は「夜だけではなく、昼の人出も減らさないと抑え切れない」と、テレワーク推進や休暇取得の分散化を改めて求めた。
 出席した経済同友会の桜田謙悟代表幹事は「コロナ収束後も新しい働き方が続くという意識が不足している」と、テレワーク普及への課題を指摘した。 (C)時事通信社