厚生労働省は6日、羽田空港の検疫所で30代女性から、新型コロナウイルスが変異したペルー由来の「ラムダ株」を検出したと明らかにした。国内で見つかったのは初めて。
 厚労省によると、女性は7月20日にペルーから同空港に到着し、検疫で陽性が判明。無症状だったという。国立感染症研究所の解析でラムダ株と確認された。
 感染研によると、ラムダ株は昨年8月にペルーで初めて報告され、南米で感染が広がっている。従来株より感染力やワクチンへの抵抗力が強い恐れがあるが、詳しい性質は不明という。 (C)時事通信社