新型コロナウイルスの感染が拡大する中での異例の開催となった東京五輪が8日、閉会した。聖火が消え、大型ビジョンに映し出された「ARIGATO」。閉会式には、葛藤を抱えながらも全力で戦った選手へのねぎらいと、大会を支えた人々への感謝が込められた。
 台風一過の生暖かい風が吹き込む、無観客の国立競技場。午後8時、式は大会を振り返る映像からスタートした。
 1964年の東京五輪開会式を彩った「オリンピック・マーチ」が流れる中、空手男子形の喜友名諒選手を先頭に各国の旗手が姿を現した。既に帰国した選手も多く、一部は大会ボランティアが代役を担った。選手らは、東京の公園をイメージした芝生敷きのフィールドに入場すると、記念写真を撮り合うなど思い思いに過ごした。
 式典では、競技会場や選手村などでサポートに当たった大会ボランティアへ謝意を示すセレモニーも。8人のボランティアに花束が渡されると、選手からは盛大な拍手が送られた。
 聖火が消え、花火が上がった後、映し出された「ARIGATO」。祭典は、3年後のパリへ引き継がれた。
 式典中にはマスクを外したり、たばこのような物をくわえ煙を吐き出したりする選手の姿もあった。途中で退場する人が相次ぎ、最後まで残ったのは半分ほどだった。 (C)時事通信社