長崎は9日、76回目の原爆の日を迎えた。爆心地に近い長崎市松山町の平和公園では、午前10時45分から市主催の「長崎原爆犠牲者慰霊平和祈念式典」(平和祈念式典)が開かれ、被爆者や遺族、菅義偉首相ら約500人が参列。原爆投下時刻の午前11時2分に合わせて黙とうし、犠牲者に祈りをささげる。
 市内では8日夜、キャンドルに火をともして犠牲者を追悼する「平和の灯(ともしび)」が予定されていたが、台風9号の影響で中止となった。
 式典では、田上富久市長が平和宣言で、被爆者がつづった手記を引用し、核廃絶への思いを伝える。日本政府に対しては、1月に発効した核兵器禁止条約への署名・批准を求め、条約の第1回締約国会議にオブザーバーとして参加するよう訴える。
 核保有国間の軍拡の動きに危機感も表明。「平和の文化」を広め、核廃絶と恒久平和の実現に向け力を尽くす決意を示す。
 また、7月末までの1年間に死亡が確認された3202人の名前を記した原爆死没者名簿3冊を奉安する。死没者数は18万9163人となる。
 新型コロナウイルス感染症対策のため、昨年同様、参列者席を例年の1割程度に縮小。開式前の被爆者による合唱を中止し、小学生や高校生による式典中の合唱は人数を減らして行う。式典に関わる職員は事前に抗原検査を済ませた。
 式典には、米ロ英仏中とインド、イスラエルの核保有国7カ国の代表が出席し、パキスタンは欠席する予定。市には7日時点で64カ国から出席の回答があった。国連や欧州連合(EU)など三つの国際機関の代表も参列する予定。 (C)時事通信社