【ソウル時事】韓国の聯合ニュースは8日、東京五輪を総括する東京発の記事を配信し、「冬・夏季五輪を4回行う先進国らしく、大会運営の面では合格点をもらうに十分だった」と称賛した。「判定や競技運営でも大きな問題はなかった」と評価し、治安の良さやドーピング違反の減少も挙げた。
 一方で、「選手だけで1万人以上集まった五輪が日本国内の新型コロナウイルス拡散にどのぐらい影響を及ぼすのか、選手団や大会関係者が自国に戻ってコロナが世界の各地に広がるのか、予測が難しい」と指摘。五輪開催による感染状況への影響の程度が「大会の成功、失敗を左右する尺度になる」と論じた。
 また、日本の政治状況にも触れ、「五輪が終わった後の支持率の推移が菅義偉首相の命運を左右するとみられる」と分析。自民党総裁選と衆院選を控える中、「菅首相は五輪開催を強行し、何とか完走はしたが、眠れない夜が続く」と伝えた。 (C)時事通信社