東京五輪・パラリンピック組織委員会の武藤敏郎事務総長は9日、五輪閉会式から一夜明けて東京都内で取材に応じ、大会で最大の懸案だった新型コロナウイルス対策について「大きな観点から見ると機能したと思っている」と語った。
 コロナ対策の規則集プレーブックに違反して選手が外出した事例があり、選手村や会場の「バブル」には国内在住の大会関係者も出入りした。武藤氏は「いくら説明しても、プレーブック通りに行動するとは限らない。運営側の人的体制にも限界がある」と述べ、その上で「全体的にバブルは維持された」との見解を改めて示した。
 暑さのため複数の競技で開始時間が変更された。早朝実施の女子マラソンは前夜にスタート時間を1時間繰り上げたが、「たまたま札幌で暑さがぶり返した。湿度は少し低かった」と述べた。
 感染急拡大の中での五輪開催を振り返り、「安心、安全を最優先に考えると(無観客は)正しい判断だった」とした。開催ありきだったとの批判には「そう単純ではない。中止を前提に検討したことはなく、開催方法を議論した」と語った。 (C)時事通信社