新型コロナウイルス対策の緊急事態宣言を発令中の6都府県知事らは9日、西村康稔経済再生担当相とテレビ会議を開き、感染力の高いデルタ株の流行を受け、人出を抑えるための対策強化を要請した。西村氏は、国民に当面の帰省や旅行を控えるよう、「呼び掛けを徹底していきたい」と述べた。
 テレビ会議で、神奈川県の黒岩祐治知事は「医療崩壊が始まりつつある。人流を徹底的に抑えないと状況を変えられない」と強調。大阪府の吉村洋文知事も「今まで通りのやり方でいいのか考えなければいけない」と問題提起した。
 西村氏は「それぞれの感染状況に応じ、知事の判断でより厳しい措置を取ることができる」と指摘。酒類提供の停止要請に応じない飲食店に対し、「命令、過料の運用を一層徹底してもらいたい」と求めた。
 東京都の小池百合子知事は欠席した。 (C)時事通信社