財務省は9日、私設運転手の新型コロナウイルス感染が判明した麻生太郎財務相が、自主的な自宅待機を解除したと発表した。保健所が濃厚接触者には該当しないと判断したため。運転手の感染は6日に判明し、その後のPCR検査で麻生氏は陰性の結果が出たが、自宅待機を続けていた。 (C)時事通信社