関東などでは10日、35度以上の猛暑日になる所が多かった。気象庁によると、東京都八王子市で39.0度を観測。よく晴れたほか、台風9号から変わった低気圧が東北地方を通過した影響で、フェーン現象のように風がほぼ西から山を越えて吹いた際に温度が上がったとみられる。
 茨城県土浦市と埼玉県鳩山町では37.8度、福島県いわき市(小名浜)では37.3度を観測した。
 東京都心(千代田区)は36.8度、横浜市中区の横浜地方気象台は35.1度となり、共に今夏初めて猛暑日になった。
 11日も関東や東海、近畿を中心に猛暑日になる所が多い見込み。気象庁は冷房を適切に使い、水分を補給して熱中症を防ぐよう呼び掛けている。 (C)時事通信社