大和ハウス工業=2021年4~6月期連結決算は増収。新型コロナウイルスによる生活様式の変化などを背景に新規住宅着工戸数がプラスとなり売り上げ増加につながった。 
 注文住宅の新規受注高が前年同期に比べ3割増加するなど住宅部門が好調。営業利益は商業施設やオフィスなど開発物件の売却が前年同期に比べマイナスとなり減益となった。純利益はグループ会社の保有する大型物流施設の売却益を特別利益に計上したことなどで増益となった。
 22年3月期の業績予想に変更はない。(C)時事通信社