セイコーホールディングス=2021年4~6月期の連結業績は増収増益。新型コロナウイルスのワクチン接種が広がり、経済活動の再開が本格化する海外を中心に腕時計事業が大幅に改善し、全体をけん引した。純利益は、半導体事業会社の譲渡に伴い特別利益を計上した反動が出て、減益となった。 (C)時事通信社