近鉄グループホールディングス=2021年4~6月期連結業績は営業損益、経常損益が2期連続で赤字だった。新型コロナウイルス感染拡大の影響は前年同期と比べると和らぎ増収は確保したものの、コロナ禍の長期化で主力の鉄道や旅行、ホテル・レジャー事業は厳しい経営環境が続いた。 
 一方、純損益は黒字転換。製造業向けの作業台やワゴンを製造、販売するサカエ(大阪市)買収に伴う負ののれん発生益や、福山通運の株式売却による有価証券売却益を計上したことなどを反映した。
 22年3月期の業績予想に変更はない。(C)時事通信社