ビール大手4社が11日までに発表した7月のビール系飲料(ビール、発泡酒、第三のビール)販売実績は、3社が前年同月比でマイナスとなった。飲食店での酒類提供制限を受け、業務用ビールが引き続き不振。ただ、自宅で東京五輪を観戦しながら飲む缶ビールの売れ行きが好調で、増減率は各社とも6月より改善した。
 新型コロナウイルスの感染拡大に歯止めがかからず、東京都で4回目の緊急事態宣言が発令されるなど、業務用ビールには引き続き逆風が吹いている。昨年の酒税改正で税率が引き上げられた第三のビールも振るわなかった。
 一方、ビールのうち主に家庭で飲まれる缶容器の商品は好調で、特に東京五輪が開幕した7月下旬は、各社ともそれ以前と比べて販売が伸びた。関係者は「従来の巣ごもり需要に加え、自宅でビールを飲みながら競技を観戦する人が多かった」とみている。 (C)時事通信社