立憲民主党の長妻昭副代表は11日、厚生労働省で正林督章健康局長と面会し、新型コロナウイルス対策として、東京五輪閉幕に伴い利用がなくなった関係者用のホテルを宿泊療養施設として活用することを柱とした要請書を手渡した。臨時の医療施設設置も求めた。
 長妻氏はこの後、記者団に「助かる命が助からなくなる事態が起こりつつある。入院か自宅療養の二者択一ではなく、宿泊療養施設や自宅療養のフォローアップ体制などやるべきことはたくさんある」と強調した。 (C)時事通信社