国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長が東京五輪閉幕翌日、東京・銀座を散策する姿が目撃され、物議を醸している。緊急事態宣言対象地域では不要不急の外出の自粛が求められるが、「不要不急かは本人が判断すべきだ」と発言した丸川珠代五輪担当相に対しても、インターネット交流サイト(SNS)で強い反発の声が上がる。
 複数の目撃者によると、バッハ氏は9日午後4時ごろ、警護を受けながらポロシャツ姿で銀座を歩いていた。通行人の写真撮影の求めに応じ、周辺には人だかりができた。
 これについて、丸川氏は10日の会見で、「不要不急かはご本人が判断すべきものだ」と発言。加藤勝信官房長官も「既に入国後15日を経過している」と述べ、問題視しなかったが、ツイッター上では「国民には自粛を求めているのに特別扱いか」「帰省も旅行も飲み会も問題ないというメッセージではないか」などと批判が相次いだ。
 政治評論家の有馬晴海氏は「政府として外出自粛を求めるべきなのに、バッハ氏個人の問題にして責任を回避している」と批判。「『みんなで頑張れば緊急事態宣言が解除できる』というメッセージを打ち出す必要があったのに、逆効果になった」と語った。 (C)時事通信社