【シドニー時事】豪州の南オーストラリア州政府は、東京五輪から帰国した一部選手らに対して、新型コロナウイルスの感染防止のために計28日間の隔離を義務付けることを決めた。これに対して、オーストラリア・オリンピック委員会(AOC)は11日、医療専門家の助言を無視した決定だとし「五輪で誇りを持って国を代表した選手に罰を与えることになる」と批判した。
 豪州は現在、入国した人にはホテルなどの施設で14日間の隔離を義務付けており、五輪から帰国した選手団も対象としている。南オーストラリア州はこれに加えて、同国の最大都市シドニーで隔離中の選手に対して、州に戻る際にはさらに自宅で隔離を義務付けることを決めた。同州はロックダウン(都市封鎖)が導入されたシドニーなどから訪れる人には、14日間の隔離を義務付けているためだ。
 AOCによると、南オーストラリア州に戻る選手らは56人で、うち16人がシドニーで隔離措置を受けている。AOCは「選手団はワクチン接種を終えているだけでなく、東京では(外部との接触を遮断する)バブルで厳しく管理されていた」と安全性を強調。専門家も長期にわたる隔離で「身体面、精神面の健康に大きなリスクをもたらす」と警告している。 (C)時事通信社