【シドニー時事】ニュージーランド(NZ)政府は12日、新型コロナウイルスの感染防止のために停止している外国との往来を、来年初めから段階的に再開すると発表した。国内でワクチン接種を進めて安全性を確保した上で、感染リスクが低い国からの入国者には隔離を義務付けない方針だ。
 アーダーン首相は声明で「デルタ株が国内に入り込むリスクと影響を引き下げる」と強調。往来再開に向けワクチン接種を加速させると表明した。 (C)時事通信社