全日本空輸は12日、国内線の運航に関し、8月23~31日は175便、9月1~30日は6560便の運航を取りやめると発表した。8月は新型コロナウイルス感染拡大前に策定した2020年度計画比で36%、9月は31%の減便となる。
 日本航空も9月1~30日の6910便を取りやめ、21年度計画比で27%の減便とする。 (C)時事通信社