【ビジネスワイヤ】保険・投資会社の米C・V・スターは、新型コロナウイルスのワクチンの世界的な接種に向けた取り組みを、先進7カ国(G7)で主導するようバイデン米大統領に求める公開書簡を公表した。同社最高経営責任者(CEO)のモーリス・グリーンバーグ氏が企業・政府・医療・学術リーダー34人のグループを組織し、公開書簡をウォール・ストリート・ジャーナル誌に掲載した。中南米、アフリカ、東南アジアに、ワクチンが容易に入手できない人々が多数存在することを受け、年末までに世界の人口の半数以上へのワクチン接種を目指す必要性を訴えている。(C)時事通信社