全国知事会(会長・飯泉嘉門徳島県知事)は13日、新型コロナウイルスの感染急拡大が全国的に波及しているとして、「政府は感染爆発と医療逼迫(ひっぱく)の現状を直視した上で、前例にとらわれない思い切った対策を投入するよう強く求める」とする緊急声明を出した。
 声明では、緊急事態宣言や「まん延防止等重点措置」の発動は、各知事の要請に即座に対応するよう主張。強制力を伴う「ロックダウン(都市封鎖)的手法」の在り方を検討することや、国民に対する強いメッセージの発出も要請した。
 医療提供体制の維持に関しては、近隣地域との相互支援では人材確保が限界に達していると指摘し、日本医師会などと連携して全国で調整する仕組みを迅速に構築することも促した。 (C)時事通信社