厚生労働省は14日、新型コロナウイルスに感染した重症者は全国で1521人となり、2日連続で過去最多を更新したと発表した。感染拡大に伴い重症者も増加傾向が続いている。
 同省によると、13日の重症者1478人から43人増えた。春の「第4波」で確認された1413人を大きく上回った。
 都道府県別では、大阪府が428人で最も多く、東京都(227人)、神奈川県(191人)、埼玉県(111人)、沖縄県(101人)などと続いた。 (C)時事通信社