第103回全国高校野球選手権の大会本部は14日、2回戦に進出した東北学院(宮城)の選手1人に新型コロナウイルスの陽性反応が出たと発表した。13日夜と14日朝の2度のPCR検査で、いずれも陽性と判定され、現在は宿舎で待機中。チームは濃厚接触についての保健所の判断が出るまで、それぞれが宿舎の個室で待機となった。
 陽性と判定された選手は13日に発熱。今大会では初戦を勝ち上がったチームは翌日にPCR検査を受けることになっており、11日の1回戦、愛工大名電(愛知)戦後の12日に検査を受け、全員陰性だった。当該選手の陽性反応を受けて選手全員が14日に再検査を受けたが、新たな陽性者は出なかった。 (C)時事通信社