第103回全国高校野球選手権の大会本部は15日、選手1人が新型コロナウイルス陽性と判定された東北学院(宮城)について、選手2人と練習補助員1人に加え、チームと大会本部との調整などを担う主催者の朝日新聞記者の計4人が濃厚接触者として保健所に認定されたと発表した。
 大会本部によると、4人はそれぞれの宿舎で待機中で、12日と14日に受けたPCR検査では陰性だった。陽性となった選手は15日に選手宿舎から宿泊療養施設へ移った。 (C)時事通信社