スタチン療法と乳がん患者の予後との関連については、これまで数多くの研究で検討されてきたものの、結果は一貫していなかった。そうした中、米・University of Texas MD Anderson Cancer CenterのKevin T. Nead氏らは、米国のステージⅠ~Ⅲの乳がん患者を対象にスタチン療法と予後との関連について検討。解析対象のうちトリプルネガティブ乳がん(TNBC)患者では、乳がん診断後12カ月以内にスタチン療法が開始された例において乳がん特異的生存(BCSS)が58%、全生存(OS)は30%、いずれも有意に改善していたとする結果をCancer2021年8月3日オンライン版)に発表した。

中央値で3.3~4.4年追跡

 TNBCは全乳がんの10~20%を占め、予後不良であることが知られている。Nead氏らは今回、スタチン療法がTNBC患者の予後に及ぼす影響について検討するため、Surveillance, Epidemiology, and End Results(SEER)-MedicareとTexas Cancer Registry(TCR)-MedicareのデータベースからステージⅠ~Ⅲの乳がんと診断された66歳以上の女性患者を同定。多変量Cox比例ハザードモデルによる解析で、乳がん診断から12カ月以内のスタチンの新規使用とOSおよびBCSSとの関連を検討した。追跡期間中央値はOSの解析で4.4年、BCSSの解析で3.3年だった。

 同定されたステージⅠ~Ⅲの乳がん患者のうち、診断から12カ月以内にスタチン療法が開始されていたのは2,281例、TNBCは1,534例であった。

非TNBC患者では関連認められず

 解析の結果、TNBC患者では、乳がんの診断から12カ月以内にスタチン療法が開始された症例においてBCSSが58%改善し、OSは30%いずれも有意に改善していた〔BCSS:標準化ハザード比(HR)0.42、95%CI 0.20~0.88、P=0.022、OS:同0.70、0.50~0.99、P=0.046〕。

 乳がんのステージ別の解析では、早期TNBC患者においてスタチン療法の開始が予後改善とより強く関連することが示された。さらに、スタチンの強度別の解析では、高強度のスタチンがTNBC患者のOS改善に最も強く関連する因子として抽出された。

 一方、TNBC以外の乳がん患者(1万5,979例)では、スタチン療法の開始とBCSSおよびOSの有意な改善との関連は認められなかった(BCSS:標準化HR 0.99、95%CI 0.71~1.39、P=0.97、OS:同1.04、0.92~1.17、P=0.55)。

 これらの結果を踏まえ、Nead氏らは「ステージⅠ~Ⅲの女性TNBC患者において、乳がん診断から12カ月以内のスタチン療法の開始とOSおよびBCSSの有意な改善との関連が示された」と結論。その上で、「スタチンはがん細胞の分裂を抑制し、細胞死を促すとされている。一部の乳がん患者には、スタチンが有用である可能性がある」と述べ、今後、スタチンのTNBC患者に対する予後改善効果を前向きに検討する臨床試験を実施する必要があるとの見解を示している。

(岬りり子)