16日の東京株式市場は、米国の経済指標悪化や新型コロナウイルス感染拡大などを背景にリスクを避ける動きが広がり、売りが優勢となった。日経平均株価は一時、前週末比500円超下落するなど、大幅に続落。終値は453円96銭安の2万7523円19銭だった。
 前週末の米国市場では、消費者の景況感を示す経済指標が予想外に悪化。外国為替市場で主要通貨に対してドルが売られて円高が進み、週明けの東京市場で自動車など輸出関連株の重しになった。 (C)時事通信社