新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、政府は16日、医師が自宅・宿泊療養者に対してテレビ電話システムを使ったオンライン診療や、電話による診療を行った場合、1日当たり2500円の診療報酬を加算できるようにした。オンライン診療などに取り組む医師を増やすことで療養者の体調変化を早期に把握し、容体悪化を防ぐのが狙い。
 菅義偉首相は官邸で記者団に「医療体制の構築は極めて大事だ」と述べ、在宅診療を強化する方針を強調。厚生労働省は同日付で都道府県などに事務連絡を出した。 (C)時事通信社