【ワシントン時事】ワシントン・ポスト紙(電子版)など複数の米メディアは16日、新型コロナウイルスのワクチン接種を終えた人に対する追加の「ブースター接種」について、「接種後8カ月が過ぎれば必要」という見解をバイデン政権が公表すると報じた。最終的に国民の大半が追加接種の対象となる見通しで、早ければ今週中に発表されるという。
 食品医薬品局(FDA)は12日、臓器移植を受けるなどして免疫力が低下した人への追加接種を認めると発表。その時点で「接種を終えたそれ以外の人々は、十分に守られており、現時点で追加接種は必要ない」との見解を示していた。 (C)時事通信社