河野太郎規制改革担当相は17日の記者会見で、新型コロナウイルス感染拡大を受け、「国会の閉会中審査などもお許しいただければオンラインで答弁したい」と述べ、リモートでの国会出席に意欲を示した。一方で「国会の判断だ」とも語った。
 同日の記者会見はオンラインで実施。河野氏は「デルタ株の感染力が非常に強い」と指摘し、「積極的にテレワーク、オンラインを採り入れていきたい」と強調した。
 ただ、衆院事務局によると、過去に本会議や委員会での答弁をオンラインで行った例はないという。 (C)時事通信社