【ワシントン時事】米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長は17日、感染力が強い新型コロナウイルスのデルタ株による景気への影響は「いまだにはっきりしない」と述べた。経済再開に伴うこれまでの回復基調に変化が生じるか注視する姿勢を示した。
 パウエル議長はオンライン会合で、コロナが直撃した接客などのサービス分野では「数百万人が依然失業している」と指摘。こうした分野の雇用回復は「達成から程遠い」と明言した。 (C)時事通信社