「○○おばあちゃん、大好き!」。タカラトミーは18日、持ち主の顔を認識し、名前を呼び掛けたり会話したりするコミュニケーション人形「うちのあまえんぼ あみちゃん」を27日発売すると発表した。新型コロナウイルス感染拡大で人と会話する機会が減った高齢者らにかわいがってもらいたいという。
 あみちゃんの胸のブローチに人工知能(AI)技術を活用した画像認識チップが埋め込まれており、抱っこした人の顔や服の色を識別。事前に登録された持ち主の名前を呼んだり、「青が似合う人はすてき」などと話し掛けてくれたりする。
 また、日時に応じて「お誕生日だね」、抱っこする頻度に応じて「いつもありがとう」「忙しいんだね」など、約25億通りのせりふを使い分ける。「むすんでひらいて」など、40種類の歌も歌うという。
 少子高齢化や単身世帯の増加に伴い、コミュニケーションができる人形やロボットの需要は拡大傾向にある。タカラトミーは今回、「リカちゃん」などで培った人形の技術を生かし、かわいらしく触り心地のいい人形に仕上げた。希望小売価格は2万7500円。同社のオンラインサイトで販売する。 (C)時事通信社