東京都の小池百合子知事は18日の都議会本会議で、新型コロナウイルス感染が急拡大する若者へのワクチン接種を促進するため、事前予約なしで接種を受けることができる若者専用の会場を渋谷駅付近に設置する方針を明らかにした。8月中の開設を目指す。
 1回も接種していない20~30代を主な対象とし、米ファイザー製ワクチンを使用する。10代を含めるかは検討中。小池知事は本会議で「感染が急拡大している若者世代に、いち早くワクチンを浸透させる」と強調した。 (C)時事通信社