菅義偉首相は18日午後、東京都内で経団連の十倉雅和会長と会談し、新型コロナウイルス感染拡大防止に向け、テレワークを徹底するよう経済界に協力を求めた。
 首相は、足元で発生している職場でのクラスター(感染者集団)を食い止めるには人の流れを抑制することが効果的だと指摘。「昨年春に(出勤者数)約7割削減のテレワークを行っていただいた。このお盆明けからテレワークに協力いただきたい」と要請した。その上で、「ワクチン接種も進め、経済社会の回復の道筋をしっかり見いだしていきたい」と強調した。
 これに対し、十倉氏は「出勤者数7割削減に向け会員各社に周知徹底していく」と述べ、政府と協力して感染拡大防止に努める考えを示した。 (C)時事通信社