出入国在留管理庁は18日、7月の外国人入国者数(速報値)を発表した。このうち、新規は前月の5720人から8.2倍増の4万7125人に上った。2月以降、新型コロナウイルス感染のあおりで新規は1000人台から5000人台で推移していたが、7月は東京五輪の選手らの来日で大幅に増加したとみられる。
 外国人入国者の総数は前月比3.4倍の5万9466人。新規以外の1万2341人は日本の在留資格を持つ外国人が海外から日本に戻ってきた「再入国」で、前月から781人増加した。 (C)時事通信社