日本医師会の中川俊男会長は18日の定例記者会見で、新型コロナウイルスの感染急拡大で全国的に医療体制が逼迫(ひっぱく)しつつあることを受け、新型コロナ対策の特別措置法に基づき、臨時の医療施設を整備するよう提言した。主に中等症患者の入院先としつつ、地域の状況によっては宿泊療養施設の機能も果たすことを想定。大規模イベント会場やスポーツ施設、企業の宿泊施設などを転用する。
 中川氏は「感染が爆発的に拡大している地域では、これまで入院の対象だったリスクの高い中等症の方が自宅療養を余儀なくされている」と強調。会場の確保に向け、既に経団連などと協議中で「できるだけ早く始めたい。厚生労働省のしかるべき立場の人にも水面下で伝えている」と述べた。具体的な設置場所や箇所数などは未定。 (C)時事通信社