外食大手のワタミが、新型コロナウイルスのワクチン接種を済ませた社員にマークなどを身に着けさせることを検討していることが18日、分かった。社員に接種を積極的に働き掛けるとともに、来店客に安心してもらうのが狙い。
 国内には約1500人の社員がおり、接種を望まない社員には定期的にPCR検査などを受けてもらう考え。マークは、11月に出店する新業態の飲食店から導入を目指す。 (C)時事通信社