【ニューヨーク時事】新型コロナウイルスの感染拡大を受け、米国連代表部は9月の国連総会について、バーチャル開催を求める書簡を国連加盟国に16日付で送った。首脳らが行う一般討論演説もビデオ演説を利用するよう促した。書簡は総会が「(ウイルスをまき散らす)スーパースプレッダーイベントになるのを防ぐために協力が必要だ」と訴えている。
 米国では感染力の強いデルタ株が広がり、コロナワクチンの未接種者を中心に感染拡大が深刻化。国連本部のあるニューヨーク市も感染者が再び増えている。書簡は一般討論演説を除く国連主催の会合やサイドイベントは「完全にバーチャル」で開くよう強く促した。 (C)時事通信社