公明党の北側一雄中央幹事会長は19日の記者会見で、次期衆院選のタイミングについて「新型コロナウイルスの感染状況が一番の判断要素だ」と述べた。状況が改善してから選挙を行うことが望ましいとの考えを示唆したものだ。 (C)時事通信社