トヨタ自動車は19日、国内外の工場で8月末から9月にかけ、新たに大規模な生産調整を行うと発表した。9月分は国内外で36万台で、計画比4割の減産となる。新型コロナウイルスの感染拡大でベトナム、マレーシアなどからの部品供給が滞っていることが主因。納車が一段と遅れるのは必至で、販売への影響が懸念される。
 9月の減産のうち、国内は14万台。国内では8月末にも2万台の生産調整を行うため、新たな減産規模は合計38万台に上る。
 国内で稼働を止めるのは全14工場28ラインのうち27ラインで、8月24日から順次停止する。主力乗用車「カローラ」を生産する高岡工場(愛知県豊田市)では、9月1日から17日まで操業を停止。元町工場(同)では、高級車ブランド「レクサス」の一部車種を造るラインを8月24日から9月30日まで休止する。
 海外の9月の減産規模は北米が8万台、欧州が4万台、中国が8万台など。
 ただ、今回の減産については「リスクの中に入れ込んでいた」(熊倉和生調達本部長)としており、2022年3月期の世界生産計画(930万台)は変更しない。販売目標なども据え置く。 (C)時事通信社